qrcode.png
http://www.shunyokai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

テリパラチド療法

 

テリパラチド療法

テリパラチド療法
 
テリパラチドの導入は脊椎の圧迫骨折既往の患者さんが21例(このうち大腿骨など他の骨折も併発3例)、多発骨折1例、恥骨の脆弱性骨折1例です。
本人あるいは家族が注射できる人は原則フォルテオで8例、それを忌避された方はテリボンを選択し15例、テリボンは通院できる一人を除いて往診で施行しています。ステロイド骨そしょう症の男性1人以外はすべて女性です。
費用はかかりますが骨折して入院するよりはまし、週1回の外来通院はこの薬の適応となる方には無理な人が多いので予算と当方のエネルギーが続けば訪問でするのが理にかなっています。テリボンでは2例に注射当日のふらつき、倦怠感、1例に血圧低下がありましたが継続できています。フォルテオでは既往骨折部の人工骨付近の注射後の疼痛を1人訴えられました。
また、テリボン投与12週、フォルテオ投与44週後の転倒による骨折をそれぞれ1例に認めました。
P1NPを骨形成マーカーとして測定していますが,その絶対値は個人個人バラバラでやはり変化率をとらないと統計や論文にはならないと思います。以下その詳細を下に示します。
 

テリパラチド療法の実際(2016年5月現在)

テリパラチド療法の実際(2016年5月現在)
 
年齢・薬剤 既往骨折 治療期間・副作用 P1NP最高値
1 88歳 テリボン 胸椎 72週終了、倦怠感・ふらつき+ 61.1
290歳 テリボン腰椎・橈骨・脛骨 異時性骨折72週終了84.6
391歳 テリボン腰椎72週終了65.1
486歳 テリボン腰椎72週終了、倦怠感+68.6
583歳 テリボン腰椎71週76.0
690歳 テリボン 腰椎・仙骨 異時性骨折64週87.2
7 100歳 テリボン 腰椎・橈骨 異時性骨折 63週
8 87歳 テリボン 腰椎 62週 47.9
997歳 テリボン腰椎62週185.4
1087歳 テリボン腰椎60週101.1
1185歳 テリボン腰椎57週46.9
1291歳 テリボン腰椎52週44.3
1385歳 テリボン腰椎38週31.5
1493歳 テリボン腰椎・大腿骨12週で転倒による反対側大腿骨骨折
1587歳 テリボン腰椎44週で他院に転院
1675歳 フォルテオ腰椎2回、大腿骨2回、上腕骨、鎖骨、異時性骨折96週終了
1778歳 フォルテオ胸椎・腰椎56週100.7
1882歳 フォルテオ胸椎・腰椎、ステロイド骨粗しょう症48週53.1
1986歳 フォルテオ腰椎48週72.8
2081歳 フォルテオ恥骨、大腿骨44週後転倒による大腿骨骨折141.1
2176歳 フォルテオ胸椎・腰椎 胃切除後骨粗しょう症44週136.3
2275歳 フォルテオ腰椎28週,テリボン外来通院が困難でフォルテオへ変更105.3
2382歳男性フォルテオ腰椎・大腿骨異時性骨折、ステロイド骨そしょう症 44週214.9
 

テリパラチドの文献

テリパラチドの文献
 
1.Lancet Volume 386, No. 9999, p1147–1155, 19 September 2015
Denosumab and teriparatide transitions in postmenopausal osteoporosis (the DATA-Switch study): extension of a randomised controlled trial
Dr Benjamin Z Leder, Joy N Tsai, MD,Alexander V Uihlein, MD, Paul M Wallace, BA,Hang Lee, PhD,Robert M Neer, MD,Sherri-Ann M Burnett-Bowie, MD
→PDF
閉経後の骨粗鬆症女性77人をランダムにテリパラチド1年投与後テノスマブ1年投与27人、デノスマブ1年後テリパラチド1年投与27人、両剤投与23人の3群に分けて2年後の脊椎、大腿骨頸部、橈骨の骨密度の変化を測定した。脊椎の骨密度は両剤投与で16%、テリパラチド→デノスマブで18.3%、デノ スマブ→テリパラチドで14%増加した(各群間に有意差なし)。大腿骨頸部の骨密度は両剤投与で9.1%、テリパラチド→デノスマブで8.3%増加したのに比べデノスマブ→テリパラチド群の4.9%増加にとどまり、他群との間にp<0.05で有意差を認めた。また、橈骨の骨密度はデノスマブ→テリパラチドとすると一過性に却って減少した。他の群は変化なかった。
以上よりテリパラチド→デノスマブの順で投与すると脊椎のみならず大腿骨の骨密度上昇を期待できる.両剤併用も効果が高いがコストも高い.
医療法人社団 俊葉会
〒669-5242
兵庫県朝来市和田山町宮田216
-------------------------------
【事業内容】
1.医業
2.通所介護事業
3.短期入所生活介護事業
4.訪問介護事業
5.サービス付き高齢者向け住宅
-------------------------------
040368
<<医療法人社団 俊葉会>> 〒669-5242 兵庫県朝来市和田山町宮田216 TEL:079-673-2811 FAX:079-675-2187